トラクターの歴史と役割

牛昔は田畑を耕すために、馬や牛を使っていました。馬や牛に犂を引かせたり、あるいは馬車や牛車で作物を運んだりしていたのです。しかし今ではそれをトラクターが代わりに行っています。トラクターはラテン語の「引く」という言葉が由来とされ、文字通り牽引車としての働きをする農機具なのです

トラクターはエンジンが付いている前方部分と、アジャスターを付ける後方部分に分かれていて、そのアジャスターを変えることで、耕起や施肥、播種、除草、そして収穫、運搬などのほとんどの農作業を可能にしてくれる農機具となっています。このトラクターは19世紀にイギリスで蒸気式のものが開発されたのが始まりと言われています。その後、アメリカで大量生産のトラクターが発売され一気に普及したのです。

そのトラクターは約100年ほど前に日本に輸入され、その後は国内メーカーのものが開発されていき、仕様も歩行型から常用型へと変遷を遂げ今に至るわけです。トラクターは農家にとっては欠かせない農機具で、これほど万能なものは他にありません。また、最新式のトラクターは自動運転が可能となり、端末でトラクターをコントロールできるようになりました。このように、トラクターは進化を続けているため、古いトラクターの買い替えも農家にとっては重要な問題と言えるのです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket